WorkImage
防爆構造の種類
防爆構造の種類に関するデータです。安全を確保する仕組みなどの違いから大きく6種類に分類されます。 【0種場所】 爆発する可能性が常に存在する場所、長時間存在する場所です。具体的には、危険な物質が入った容器、またはタンクなどの内部、及び開放容器の液面付近などがこれに該当します。 【1種場所】 爆発のおそれがある場所はこの分類にあてはまります。具体的には、ガスなどが集積して、爆発の可能性がある場所(修繕・保守や漏えいなどの際を含む)のことです。 【2種場所】 機器の故障などによって爆発する可能性がある場所です。
Contributors
特定非営利活動法人まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.創立者。 【現在] H23.4完成「シダレジデンス」に住む。 【生誕】 84年、サイドビーチシティに生まれ...
Files Content
Insert title here